アートメイクと刺青

アートメイクと刺青は両方ともニードルを使って皮膚に色を乗せて行きます。その為、アートメイクの事をタトゥーとして認識している方もいらっしゃるのですが、アートメイクと刺青は似てはいますが根本的な部分で違っております。もし刺青に対してマイナスなイメージを持っているためにアートメイクにチャレンジできないのだとしたらそれは大きな誤解です。

アートメイクと刺青の最も大きな違いは施術した後です。刺青は色が若干変わったりもしますが基本的には一生残る物になりますが、アートメイクは個人差もありますが3年から5年程度で自然と消えます。なぜ同じニードルを使って色を入れているのにここまでの違いになるのかというと、色素を入れる皮膚の深さが違っているからです。

先生基本的にアートメイクの場合には、表皮から0.02~0.03ミリといったかなり薄い部分に着色して行きます。肌は新陳代謝を繰り返していきますので時間が経てば経つほどに薄くなっていきます。これに対して刺青は深い真皮の部分に色をしっかりといれておりますので一生落ちる事はありません。また痛みについてもアートメイクの方が痛みが少なくなっております。もちろん痛みに敏感な方の場合には、塗るタイプの麻酔を使いますので負担なく利用する事ができるのです。